OKINAWA LIFE

沖縄での日常生活を通して思ったことを綴っています―もりのひとワークス非公式ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お野菜の流通の話 2

前回の記事では流通の話をするつもりが、
農家の出荷の部分で話が終わってしまったので
今回はもう少し先のことも踏まえて流通のあり方を考えてみたい。

流通

図は、野菜の流通を大雑把に表している。
左上の農家からスタートし右に向かってモノは流れていく。
数字は野菜の量を示しているが、
流れるにしたがって物量は細分化されていく。

緑の線で引かれているルートは
いわゆる「系統」と言われる、現代の野菜流通の王道だ。

農家は畑の最寄のJA出荷場に箱に詰めた野菜を届ければ
あとはほとんど全自動で2、3日のうちに
必要なら中間業者や小売店が袋詰めもして、
スーパーや八百屋の店頭に並び、消費者の手に届く。
農家の収入はJAの事務員がすべて個人の通帳に振り込んでくれる。
もっとも機能的な野菜の流通ルートだ。

戦後の日本の食糧の安定供給をはかるために作られた国策ともいえる流通システムである。

モノの流れだけを追うと完璧に見えるが、
間に入るJAから小売店までの中間業者が取る手数料がかかるので、
農家の売上は、店頭で消費者が購入する価格の半分ほどになる。



例えばの話だが、

消費者が、1袋150円のほうれん草をお店で買えば
農家の口座に振り込まれるのは70円前後である。

農家はその70円で肥料代、種代、畑で使う防虫ネットやトラクターの燃料代まで、
すべて払って残りが労働の対価としてのお給料になるのだが、
大規模に経営するほうれん草農家でも最終的な利益は20円ほどだと思う。

一家族が一ヶ月生きていくのに最低限必要なお金を仮に20万円としよう。
20万円の利益を上げるために、農家は1万袋分のほうれん草を出荷しないといけない。

市場が週休二日なので、
ひと月の出荷日数はおよそ20日。

そうすると一日に500袋分のほうれん草が必要になる。
一袋300g入りだとすると150kgのほうれん草だ。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、
地面にへばりつくように野菜を収穫し続けて
やっと生きていくのに最低限の収入が見込める。
それがこれまでの農業のスタンダード。

仕事の効率アップのためにビニルハウスを立てたり、
作業を機械化していこうとすれば、やはりかかるのはお金。

そこで、待ってましたとばかりにJAの融資担当職員が登場する。

JAに借金をして作業効率を良くしても、
月々の月賦があるので、収入がその分まるまる伸びる訳でもない。

それでも農家は、薄利多売で良いから生産量を上げよう、と今日も必死になって仕事をしている。

とまぁ、お金関するあれこれを農家が考え出すと、
流通の間に吸い取られる手数料的なものも気になってくるわけです。



そこで、最近良くある新しい流通の形が、赤い線で描かれたもの。

緑の線の「系統」に対して「系統外」「商系」などとも呼ばれ、
JAの野菜担当には嫌われる流通ルートだ。

要するにJAを通さずに自分で好きなところに野菜を売る方法。

これは、今までJA、市場の下にぶら下がっていた業者が力をつけてきた背景や、
薄利多売路線だった野菜農家にも、
少量でもそれなりの収入を見込まないと
経営計画が立たないというような今時の事情もあると思う。



極端な言い方かもしれないが、
命を繋ぐ食料の安定供給のために必要と思われてきた系統機能と、
そんな農産物すら商品として流通の合理化、効率化を図ろうとする系統外。
そんな二つの流れがいよいよ対立してきたように思う。

アメリカの占領を受けて民主主義、資本主義の国として育ってきた今の日本に
後者の勢いを止めることは出来ないのかもしれない。


(つづく)


Comment

恵藤憲二朗です 

これはいいですね
  • posted by 恵藤憲二朗 
  • URL 
  • 2012.12/10 11:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最新記事を読んでみる

つぶやいている

アクセス数ですが

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。